Top

一般バス

bus

ブルーバス

Blue Bus

  • 区分: 幹線バス(カンソンポス)ブルー(b)
  • 料金: 1,300ウォン
  • 特徴: ソウル市内の幹線道路、主要道路を運行

グリーンバス

Green Bus

  • 区分: 支線バス(チソンポス)グリーン(g)
  • 料金: 1,200ウォン
  • 特徴: 短い区域を循環し、幹線⇔地下鉄駅を連結
  • 但: グリーンバスには、走行距離が短い小型のマウルポス(村バス(マウルポス)住宅地と地下鉄駅の間を走る小型バス)と言うのもある。料金は500ウォン

レッドバス

Red Bus

  • 区分: 広域バス(クァンヨッポス)レッド(r)
  • 料金: 2,400ウォン
  • 特徴: ソウルと首都圏を急行で連結。 ソウル市内、近郊を走るバス。オレンジ色をしている座席バスの作りは観光バスのよう。一般バスに比べて料金は高め。

イエローバス

Yellow Bus

  • 区分: 循環バス(スナンポス)イエロー(y)
  • 料金: 1,200ウォン
  • 特徴: 都心と副都心内の短い区間を循環

バスの乗り方

バスに乗る場合、ガイドブックで路線を調べた方がいいだろう。駅などで販売されている「バス路線案内」は韓国語なので、ハングルが読めない人には役にたたない。5 000 、 10.000 ウォンは使えないので必ず小銭を用意しておこう。バスに乗る場合には自分が乗りたいバスの番号が書かれているバス停で待つ。乗りたいバスが見えたらまず手を上げて、運転手に乗りたい意思を伝えなければならない。でなければ、バスはそのまま通過してしまう。バスは必ずバス停で止まるとは限らないので、バスが止まったら、バス目掛けて急いで走って乗る。もたもたしていると乗り損ねる。下りる場合も停留所に近づいたら、出口で立って待つこと。のんびり構えていると下り損ねる。急発進、急停車は日常のことなので、バスに乗ったらしっかりと、どこかにつかまろう。グットラック!

予約確認