Top

普信閣

普信閣

普信閣は朝鮮時代(1392年から1910年まで)王様の宮殿の門を開いたり閉じたり、時間と緊急事態が発生した時、
鐘を打ってソウルの国民にお知らせたところである、

普信閣の鐘は最初は今の仁寺洞の所に作ったのですか太宗王様の時今の場所に移転しました

韓国は新年の1月1日12時、鐘を33回打つ、ソウル市民たちが1月1日集まって新年をお祝いするところ、
33回は 仏教の33千のファラ( 罷漏: 朝鮮時代 通行禁止の解除をお知らせるために打つ )

仁寺洞の違い所に位置しておりますので明洞にある行って行くときに見ればいかがでしょうか?

韓国の歴史の一つですので

住所

コメントの作成には、ログインが必要です。
予約確認