Top

崇礼門

南大門

崇礼門は、(皆さんは南大門といいます)朝鮮の最初の王、李成桂が1395年、着工して、1398年に完成させた城門で、首都漢陽(景福宮)の南側の門である、南大門と呼ばれています、1447年新しく改築された後、1479年大規模補修工事を経て、現在の形態を備えている、 崇礼門は、1962年12月20日に国宝第1号に指定された。 その後、2008年2月10日に火災が起こり、2階の門楼が焼失して、1階の門楼の一部が燃えてしまった、2010年2月着工式を行い、約3年間の復旧工事の末、崇礼門は2013年5月4日に復旧記念式が行われ、市民に公開されました 月曜日は休み

住所

コメントの作成には、ログインが必要です。
予約確認